ヨーロッパのアクセサリーと雑貨 ADELFI



Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Search
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
Recommend
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
サンセバスチャンから列車で国境を越えてフランスへ
私の乗る特急列車が来ましたハート

の



renfe(レンフェ)はスペインの国鉄電車です。

列車の予約はネットでできます。座席指定も可能です。



列車が出発。サンセバスチャンの郊外の景色です。私は、鉄道、バス、飛行機の中では、鉄道が一番好き。海外でも可能な限り長距離は鉄道を使います。

サンセバスチャン郊外の様子



この列車は、サンセバスチャンから、国境を越えてフランスに向かいます。

(国境を越えたところが終点です)



「IRUN(イルン)」駅です。ここがスペインの最後の駅です。隣駅(距離はほとんど横並びにあります)は、フランスになります。

スペイン、irun駅



ちなみに、このイルンは、すぐ近くにサンセバスチャン空港があり、また海岸もあり、リゾート地でもある、便利な町のようです。



イルンの海



町がとても大きな湾のような形になっているので、向こう側に町が見えます。





いよいよ国境を越えて電車フランスに行きます。ドキドキときめき
posted by: | 海外のこと スペイン編 | 08:26 | comments(0) | - |
サンセバスチャンの駅構内です。
食事も終え、ちょっとビールビールを入れてほろ酔いのまま、駅の構内に入りました。



サンセバスチャンの駅構内





サンセバスチャンの駅構内



電車は、このような感じです。



外国に行って、鉄道電車で移動する時に、ルールがわからずに困るショックことがあります。





ここの駅には改札はありません。

構内にちらほらと、黄色い機械があり、そこに切符を通して、「チンおてんき」(音は機械によっていろいろですが)といわせる必要があります。



それがないと、乗車後の検札に来た時に、キセル(?)のような扱いになるそうです。私は、この「チン」を忘れたことがないので、しないとどうなるのかと具体的には言えませんが、罰金を払わされたとか、怒られたとか色々と聞きます。



厄介なことに、共通されてなくて、チンの機械がない(不要)ところもあります。



必死になって探すもなくて、周りの人に聞いたり、駅員に聞いたり、一汗冷や汗掻かないと乗れないこともあります。





最近では、何もしなくていいケースもあるようですポッ



いずれにしてもこれらは、国の単位とかではなく、駅ごとぐらいのつもりで、毎回確認が必要になります。たいていは、周りの乗客が教えてくれます。



話は戻りますが、このサンセバスチャンの地名は、バスク語で名前が変わります。

サンセバスチャンの駅構内

donostia=サンセバスチャンになります。



初めはこの意味がわからず、サンセバスチャンを探しているとドノスティアが出てきて????でした。



スペインは、スペイン語の他、各地方で言語をもう一つ持っていることが多いのです。カタルーニャ地方はカタラン語、バスク地方はバスク語、ガリシア地方はガリシア語という具合です。



そのため、看板の地名は2つあることがあり、ガイドブックも共通されてないため、とまどいますが、まっ気にしないで、大体でいく事が大切ですね。





そうこうしている内に4両編成の小ぶりの電車が来ました。

サンセバスチャンの駅構内





私は、国境を超えるので特急列車待ち電車です
posted by: | 海外のこと スペイン編 | 20:45 | comments(0) | - |
サンセバスチャン駅のバルで食事をします。
サンセバスチャンの駅に到着したのが13時。

スペインのランチは14時位から始まるのが普通で、13時はまだ昼食の時間ではありません。



そのため、駅のバルならば、サンドイッチ程度のものがあるのでは、と思い、駅のバルで食事をすることにしたのです。



たいてい、駅には簡単な食事のできるバルが併設しているものです。ただし、時間帯が早すぎると甘いパンばかりが並んでいることもあります。







駅に到着し、早速バルに向かうと・・・・ありましたよハート色々な種類が!

サンセバスチャン駅のバル



サンセバスチャン駅のバル





さすがにピンチョスの町なのか、小さいサンドイッチやおつまみがあります。



私が食べたのは、ツナと海老(左側)、いわしの酢漬け(上)、コロッケ(右側)です

サンセバスチャン駅のバル



これに、ちょっと「カーニャ」生ビール(小さいサイズからある)を飲んで、電車の中でゆっくりに備えます電車



 
posted by: | 海外のこと スペイン編 | 20:53 | comments(0) | - |
サンセバスチャンのクリスティ―ナ橋を通ってサンセバスチャン駅へ
今日から、サンセバスチャンから国境を越えてフランスのバスク地方の方を旅します。



移動は鉄道を使うことにしています。



サンセバスチャンの駅へは、町の中心から徒歩で、川を渡ったところにあります。



私は、鉄道好きで、バスの選択も可能だったのですが、あえて鉄道を選びました。





駅に行くには、ウルメア川を渡ります。



サンセバスチャンのクリスティ―ナ橋





感じのいい橋で、橋のあちらこちらにオブジェがあります。



サンセバスチャンのクリスティ―ナ橋



サンセバスチャンのクリスティ―ナ橋





川の水もきれいです。

サンセバスチャンのクリスティ―ナ橋





こちらが、サンセバスチャンの駅ですポッ

サンセバスチャンのクリスティ―ナ橋
posted by: | 海外のこと スペイン編 | 19:10 | comments(0) | - |
サンセバスチャンのカテドラル
サンセバスチャンのカテドラルの中に入ると、



ステンドグラスがとても美しいです



サンセバスチャンのカテドラル



サンセバスチャンのカテドラル

宗教をテーマにした美しいステンドグラス



サンセバスチャンのカテドラル



サンセバスチャンのカテドラル






posted by: | 海外のこと スペイン編 | 21:59 | comments(0) | - |
サンセバスチャンのカテドラル
市庁舎から少し歩くと、遠くにカテドラルの塔が見えてきます見る



Catedral del Buen Pastorカテドラルデルブエンパストールサンセバスチャンのカテドラル



19世紀に建てられた、ネオゴシック様式で、市内最大の建物です。



この建物は、夜になるとライトアップされます。

町の中心にあり、塔が高いため、暗い夜道でも、自分の位置を確認するのに便利なんです。





サンセバスチャンのカテドラル





中に入ってみましょう飛行機
posted by: | 海外のこと スペイン編 | 20:47 | comments(0) | - |
サンセバスチャンの旧市街を散策 マカロン〜市庁舎まで
サンセバスチャンの旧市街を散策していると、

スイーツハートのお店を見付けました。



マカロンが並んでいます

サンセバスチャンの旧市街



クッキーもあります

サンセバスチャンの旧市街



それからしばらく行くと、市庁舎を見付けました。

サンセバスチャンの旧市街



市庁舎は歴史のある古い建物であることが多く、

中に入って、建物を見たいのですが、

たいてい警備員に注意されて入れませんムニョムニョ
posted by: | 海外のこと スペイン編 | 17:54 | comments(0) | - |
サンセバスチャンの旧市街
サンセバスチャンの旧市街に入ってきました。



細い通りには、沢山のお店、バル、レストラン、ホテルなどが並んでいます。



サンセバスチャンの旧市街



サンセバスチャンの旧市街



サンセバスチャンの旧市街



夜になるとバルがとても賑わうところです。
posted by: | 海外のこと スペイン編 | 17:45 | comments(0) | - |
憲法広場Constitution Square
サンセバスチャンの続きです。



大きな広場に出てきました。



憲法広場Constitution Square





憲法広場Constitution Square





野外コンサートのような舞台の準備を始めているようです。

夜には演奏会があるのかもしれませんね。



憲法広場Constitution Square







こんな大きな広場にある、カフェでゆっくりするのも旅の楽しみです飛行機
posted by: | 海外のこと スペイン編 | 22:47 | comments(0) | - |
サンセバスチャンの鉄工房
聖ビセンテ教会を出て、しばらく行くと、



鉄の工房を見つけました。



サンセバスチャンの鉄工房



サンセバスチャンの鉄工房



とっても古い工房かと思ったら、1962年。



そこそこ古いものの何百年という感じではないのですね。





それにしても、この看板のかわいらしさが気に入って撮影してしまいました飛行機
posted by: | 海外のこと スペイン編 | 21:36 | comments(0) | - |